首の痛み不調:寝違いやヘルニアなど

画像検査に頭を支配されるな

首の症状にも色々ありますね。

・ストレートネック
・寝違え
・交通事故後の後遺症
・痛みで首が回らない
・痺れ

またレントゲン検査などで
・頸椎(けいつい)が潰れている
・頸椎症
・頸椎椎間板ヘルニア
・椎間板の潰れている
などと言われる方も多いです。

事実
レントゲンで頸椎が潰れていると言われてしまった。
というような相談を多く受けます。

ですが冷静に考えてください。
今の症状の原因が本当に頸椎の潰れなのか?

通常、加齢とともに骨は変形します。

20代後半のぼくの首ですら
レントゲンを撮れば変形がいくつも見つかります。


これらの変形は
急に起こるのではなく
加齢とともに進行します。

年相応というやつです。

突然出た痛みが
本当に変形のせいなのかは
一度冷静に考える必要が
ありそうですよね。

首の症状は生活習慣病

生活習慣病というと

メタボリックシンドローム
高血圧
高脂血症
動脈硬化

このような物を連想するかもしれません。
ですが何も内科系に限った話ではありません。

ストレートネックはまさに生活習慣病です。

本来、人間の首は少し前にカーブしています。

ストレートネックとは
このカーブが消失した首のことを言います。

ストレートネックは
急になるものではありあません。

日々の姿勢の積み重ねで完成します。

人間は適応する生き物です。
それ故に食物連鎖の頂点にいます。

適応能力は
良くも悪くも発揮されます。

腰の曲がったおばぁちゃん
長年の畑仕事に適応した結果です。
腰が曲がった姿勢の方が畑仕事は捗ります。

日々長時間のデスクワーク
画面に顔を近づけるので頭が前に出ます。
適応の結果
ストレートネックの完成です。

不良姿勢という生活習慣が元凶です。

こんな風に頭が前に出ていませんか?

ストレートネックが起こす症状

肩や首、背中、腰などのコリ
重症化すると痛みやしびれ
背骨の変形によるヘルニアなども。

他にも
手足の冷え、頭痛、眼精疲労
吐き気、めまい、慢性的なだるさ

血行不良などの症状が出ます。

あいちせぼね病院HPより

ストレートネックは生活習慣病

姿勢によるものだと説明しました。

改善させるためには
姿勢を改善する必要があります。

しかし、
年単位で完成した
ストレートネックを
いきなり治すのは困難です。

硬くなった首は
そう簡単には戻りません。

ですので

施術

エクササイズ

姿勢改善

これらを組み合わせる必要性が出てきます。

施術により首を柔らかくし
エクササイズで位置を戻し
姿勢改善で生活習慣を変えていく。

これでストレートネックをはじめとする首の諸症状は解決できます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA