専門家が教える「自分に合った枕の選び方」

枕の選び方

「枕は高い方が良いんですか?低い方がいいんですか?」

これ、すごく多い質問です。

答えはこうです。

「自分の首の状態にあった枕を選んでください」

?マークですよね。

わかります。急にこんなこと言われても…ですよね。

まずは自分の首の状態を知るべし!

まずはこちらをご覧下さい。

頭のポジション
筋骨格系のキネシオロジー 原書第3版より

いま、あなたの頭のポジションはどちらに近いでしょうか?

A、Bどちらなのかによって、あなたに合う枕が違ってきます。

   

  

頭のポジションがAの人

あなたは高い枕を使いましょう。

理由はこうです。

頭のポジションAの人が低い枕で寝ると

頭の重みで枕が潰れて

頭の付け根を圧迫します。

しかも睡眠中ずーっと。

きっと翌朝は頭痛で目が覚めることでしょう。

あなたの睡眠時間は何時間ですか?

頭痛が起こるメカニズムについてはこちらで説明しています。

あわせて読みたい
頭痛について
頭痛について日本人は常に頭痛のリスクと闘っているデスクワークなどで不良姿勢を長時間強制される仕事の人がとても多いです。現代日本においてはこの不良姿勢が頭痛の原因の大部分...

頭のポジションがAの人は高い枕を使いましょう。

硬さは枕が潰れない程度のやや硬めがいいと思います。

  

  

頭のポジションがBの人

あなたは低い枕を使いましょう。

理由はこうです。

頭のポジションBの人が高い枕で寝ると

枕で頭が押されて

のどを圧迫します。

しかも睡眠中ずーっと。

苦痛を伴った睡眠になることでしょう。

あなたの睡眠時間は何時間ですか?

頭のポジションがBの人は低い枕を使いましょう。

この場合は硬さはそこまで必要ありません。

  

  

大事なのは首をいい状態にしていくこと

頭のポジション
筋骨格系のキネシオロジー 原書第3版より

この2つを比べるとやはりAは良いとは言えません。

このポジションでいると

頭痛、首痛、寝違え、肩の痛み、腕の痛みや痺れ

色々なトラブルの原因になります。

少しずつでいいのでBを目指しましょう。

  

  

  

首は毎日同じ状態とは限らない

その日のコンディションによってあなたの首の硬さや頭のポジションは微妙に変化します。

「今日は調子がいいなぁ」

「今日は調子が悪いなぁ」

ありますよね?

その時々の首に合わせた枕を使うことが理想的です。

じゃあ枕をいくつも持っておく必要がある?

いいえ、決してそんな必要はありません。

高さが変えられる枕があればいいだけです。

例えば

お気に入りの枕があって、それが今のあなたには低すぎるなら

枕の下にバスタオルでも入れて高くすればいいんです。

逆に高すぎるのであればそんな枕捨ててしまいましょう。

そんなあなたはより低い枕かバスタオルだけで充分です。

いかがでしたか?

これでもうあなたが枕選びに悩むことがなくなれば幸いです。

すずひろ整体院では枕の選び方から頭のポジションを正しい位置に戻す方法などの指導をさせていただいております。

人生の限られた時間を枕選びに悩む時間にしてほしくありません。

枕選びなどでお悩みの方はぜひご予約を。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる