鈴木雄大 Takehiro Suzuki

資格    

柔道整復師、ライフキネティック公認トレーナー、国際マッケンジー協会認定セラピスト、フォームソティックスインソール認定資格

出身地   

東京都昭島市

趣味    

仲間と同じ空間にいること、読書、
トレーニング、バイクいじり、ツーリング

スポーツ歴 

水泳、空手(組手全国16強)、
バスケットボール、スノーボード

 

想い

はじめして

すずひろ整体院院長の鈴木です。
ホームページをご覧いただきありがとうございます。

少し長くなりますが
最後まで読んでいただけると嬉しいです。

私は20歳から地元の接骨院で研修を始め
骨折や脱臼、捻挫や肉離れなど怪我の処置
リハビリやトレーニング指導
歩行・ランニング指導を学んできました。

21歳のときに趣味のバスケで首を捻ってしまい
頸椎ヘルニアを発症
激痛で首は全く動かせず、左腕は24時間しびれ
麻痺で親指と人差し指しか動かなくなりました。

痛みで横になることもできず
座って寝る日々を過ごしました。

「手術だね、でも完治するかはわからない」
医師からそう言われ絶望しました。

絶望しながら駆け込んだ
近所の接骨院で奇跡と出会います。

ある治療を受けて
「自分で治せるかもしれない」そう思えました。

それがマッケンジー法でした。

マッケンジー法とは
簡単なエクササイズで症状を治す方法です。

衝撃でした。その場でしびれが半減したのです。

そこから毎日エクササイズを必死に行い…

3ヶ月後に完治しました。

いまは後遺症もなく楽しく毎日を過ごせています。

まさに自分で治せる体づくり

通院回数はたったの3回でした。

もし手術をしていたらと考えると怖くなります。

3年後、私はマッケンジー法の認定資格を取得
今では施術には欠かせない存在となっています。

今度は私がマッケンジー法を用いて
困っている方を助ける番だと思い
すずひろ整体院を始めました。

脳のエラーのよる体の痛み

体の痛みの原因は様々です。

事故や運動中のアクシデントによる怪我

誤った体の使い方による痛み

現代の日本で多く見られるのは後者です。

誤った体の使い方はどうして起こるのでしょうか?

腕や脚など体の各部は脳からの指令で動きます。

しかし脳からの指令が間違っていたり
そもそも指令が上手く出せない状態になってしまうと

誤った体の使い方が起こり、時として痛みに繋がります。

私はライフキネティック公認トレーナーとして
脳の神経回路を活性化させるトレーニングも行っています。

脳から正しい指令が出ると体も自由に使えるようになります。

マッケンジー法による施術

私は国際マッケンジー協会認定セラピストという資格をもっています。

マッケンジー法とという徒手療法の認定資格になります。

マッケンジー法は背骨の健全化を得意とし
セルフエクササイズを重要視しています。

これは治療家への過度な依存をなくし
もし痛みが再発した際には
患者さんご自身で対処、管理できるようにするためです。

つまり自分で治せるようになるということです。

これにより当院では少ない通院回数で
お悩みを解決することが可能となります。

私自身が行う施術と
セルフエクササイズの組み合わせにより
最短最速で解決へと導きます。

・スポーツや趣味の運動をしているが故障に悩んでいる。

・整形外科や整骨院、マッサージに通っているが痛みが解決しない。

・手術と言われたが怖くて迷っている。

・電気治療やブロック注射、薬を飲んでいるが一向に良くならない。

・定期的に痛みを繰り返していて欠勤など生活に支障が出ている。

・今の症状は治らないかもしれないと思っている。

このような方々のご来院をお待ちしております。

無料での相談や質問などはLINEで受け付けております。